チャイナリスク とは (概略版) チャイナリスク【詳細記事】
チャイナリスク(英語: China risk)とは、中華人民共和国の抱えるカントリーリスクである。つまり、中国国内で外国企業が経済活動を行う際もしくは中国人を雇い入れる際のリスク(不確実性)、特にダウンサイドリスクだけを取り出したもの。 チャイナリスクの体系 オペレーションリスク 生産 品質管理の困難:食のチャイナショック:2008年に起こった中国製食品中毒問題は、安全安心を掲げてきた生活協同組合のCO・OPブランドで販売された中国製食品であっただけに、その影響とショックはなおさら大きく、2014年に発生した食品消費期限切れ問題で、改めて中華人民共和国における製品の品質管理の難しさを消費者に認知させる結果になった。



サーチナ・Wikipediaでは、ウィキメディア財団が提供する日本語版ウィキペディアに含まれるフリー百科事典の情報及びその関連情報を引用し、提供するサービスです。また、サーチナ独自のテクノロジーにより、いま日本中に最も注目される人名、事件名、トピックスのキーワードランキングの関連記事を検索できます。
(このページの検索表記の一部はUser Local, Inc社のSimpleAPIを利用しています
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
Searchina
(10.210.10.215) is working for you ( 10.210.10.102 ).