フフホト とは (概略版) フフホト【詳細記事】
フフホト市(フフホトし、中国語:呼和浩特市、モンゴル語:17px、英語:Hohhot)は、16世紀にアルタン・ハーンによって築かれた南モンゴルの古都フフホトと、近隣の4つの県、1つの旗(ホショー)によって構成された中華人民共和国の地級市のひとつであり、内モンゴル自治区の省都、直轄市(シュード・ハリヤ・ホト、siγd qariya qota)。都市の名は、モンゴル語で「青い城」を意味し、古都の部分は同市の市区として位置づけられている。面積17,410平方キロメートル、人口227.4万人(2009年)。 現在の人口のほとんどは漢民族であり、チベット仏教の寺院のほかは、モンゴル特有と思われる要素はあまりない。 1565年にモンゴルのトメト部長アルタン・ハーンによって、主にトメト部の支配地域に流入した漢人の定住民を居住させる町として建設された中国式の城郭都市バイシン(大板升)がフフホトの起源となっている。

フフホト市 とは (概略版) フフホト市【詳細記事】
フフホト市(フフホトし、中国語:呼和浩特市、モンゴル語:17px、英語:Hohhot)は、16世紀にアルタン・ハーンによって築かれた南モンゴルの古都フフホトと、近隣の4つの県、1つの旗(ホショー)によって構成された中華人民共和国の地級市のひとつであり、内モンゴル自治区の省都、直轄市(シュード・ハリヤ・ホト、siγd qariya qota)。都市の名は、モンゴル語で「青い城」を意味し、古都の部分は同市の市区として位置づけられている。面積17,410平方キロメートル、人口227.4万人(2009年)。 現在の人口のほとんどは漢民族であり、チベット仏教の寺院のほかは、モンゴル特有と思われる要素はあまりない。 1565年にモンゴルのトメト部長アルタン・ハーンによって、主にトメト部の支配地域に流入した漢人の定住民を居住させる町として建設された中国式の城郭都市バイシン(大板升)がフフホトの起源となっている。



サーチナ・Wikipediaでは、ウィキメディア財団が提供する日本語版ウィキペディアに含まれるフリー百科事典の情報及びその関連情報を引用し、提供するサービスです。また、サーチナ独自のテクノロジーにより、いま日本中に最も注目される人名、事件名、トピックスのキーワードランキングの関連記事を検索できます。
(このページの検索表記の一部はUser Local, Inc社のSimpleAPIを利用しています
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
Searchina
(10.210.10.214) is working for you ( 10.210.10.101 ).