丞相 とは (概略版) 丞相【詳細記事】
丞相(じょうしょう)は、古代中国の戦国時代、秦王朝、漢王朝において、君主を補佐した最高位の官吏を指す。今日における、元首が政務を総攬する国(大統領制の国や君主が任意に政府要職者を任命できる国)の首相に相当する。 古代中国では、丞相が2名置かれることがしばしばあった。この場合「右丞相」「左丞相」と呼ばれ、王朝によってその上下関係に違いがある(王朝によって、右を尊ぶか左を尊ぶかが異なる)ものの、一方が正丞相、残る一方が副丞相となった。なお、宦官がこの官職に就く場合は、中人(宦官)の丞相ということで「中丞相」と呼ばれた。 前漢においては、各地に封建された諸侯王の宰相も丞相と呼ばれたが、景帝中5年に諸侯王の丞相は「相」と改称され、王朝の丞相と区別されるようになった(歴史用語としては諸侯相と呼んで区別される)。 また、秦の荘襄王の即位に多大な功績のあった呂不韋や、漢の高祖(劉邦)をその旗揚げ以来、ずっと補佐してきた蕭何と曹参のような、大功臣が丞相職につく場合には、それに敬意を表する意味で「相国」と呼ばれることがある(発掘資料によると、呂不韋は「相邦」と称していたようである。



サーチナ・Wikipediaでは、ウィキメディア財団が提供する日本語版ウィキペディアに含まれるフリー百科事典の情報及びその関連情報を引用し、提供するサービスです。また、サーチナ独自のテクノロジーにより、いま日本中に最も注目される人名、事件名、トピックスのキーワードランキングの関連記事を検索できます。
(このページの検索表記の一部はUser Local, Inc社のSimpleAPIを利用しています
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
Searchina
(10.210.10.215) is working for you ( 10.210.10.101 ).