中国共産党中央委員会 とは (概略版) 中国共産党中央委員会【詳細記事】
中国共産党中央委員会(ちゅうごくきょうさんとうちゅうおういいんかい)は、中国共産党の最高指導機関。中国共産党全国代表大会(党大会)によって選出され、党大会の閉会期間中は、党大会を代行して党を指導する。略称は中共中央、党中央など。 構成 党大会において選出された中央委員と候補委員によって本会が構成される。第17期中央委員会の構成は、中央委員が204名、候補委員が167名である。中央委員および候補委員に選出されるには、5年以上の党籍が必要。中央委員と候補委員の定数は党大会が決定する。中央委員会に欠員が出た場合、候補委員から得票順で補選される。 任期 中央委員会の任期は5年。ただし、党大会の開催が延期もしくは繰り上げられた場合、それに応じて中央委員会の任期も変更される。 職権 党大会閉会期間中、中央委員会は党大会で決議された事項を執行し、党全体の活動を指導し、対外的に中国共産党を代表する。 中央委員会全体会議は中央政治局によって招集され、少なくとも年1回は開催される。



サーチナ・Wikipediaでは、ウィキメディア財団が提供する日本語版ウィキペディアに含まれるフリー百科事典の情報及びその関連情報を引用し、提供するサービスです。また、サーチナ独自のテクノロジーにより、いま日本中に最も注目される人名、事件名、トピックスのキーワードランキングの関連記事を検索できます。
(このページの検索表記の一部はUser Local, Inc社のSimpleAPIを利用しています
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
Searchina
(10.210.10.214) is working for you ( 10.210.10.103 ).