張芸謀 とは (概略版) 張芸謀【詳細記事】
張 芸謀 (チャン・イーモウ、ちょう・げいぼう、1951年11月14日 - ) は、中国の映画監督。中国映画界の「第五世代」の監督として知られる。また、撮影監督、俳優の経験もある。名の日本語表記「芸」に関する問題は、新字体の既存の字との衝突を参照。 1951年11月14日、陝西省西安で生まれる。1966年から起こった文化大革命では下放され、農民として3年間、工場労働者として7年間働いた。その後、年齢制限に抵触していたものの北京電影学院撮影学科に入学を許可される。 1982年に北京電影学院を卒業。西安映画製作所に配属され、チェン・カイコー監督の『黄色い大地』(1984年)と『大閲兵』(1986年)で撮影監督を務める。1986年にはウー・ティエンミン監督の『古井戸』に主演し、第2回東京国際映画祭で男優賞を受賞した。1987年、『紅いコーリャン』で映画監督としてデビュー。翌1988年の第38回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した。コン・リーのデビュー作にもなったこの映画は中国国内でも賛否両論が巻き起こった。



サーチナ・Wikipediaでは、ウィキメディア財団が提供する日本語版ウィキペディアに含まれるフリー百科事典の情報及びその関連情報を引用し、提供するサービスです。また、サーチナ独自のテクノロジーにより、いま日本中に最も注目される人名、事件名、トピックスのキーワードランキングの関連記事を検索できます。
(このページの検索表記の一部はUser Local, Inc社のSimpleAPIを利用しています
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
Searchina
(10.210.10.215) is working for you ( 10.210.10.102 ).