神舟1号 とは (概略版) 神舟1号【詳細記事】
神舟1号(Shenzhou 1、中国語:神舟一号)は、1999年11月19日22:30 (UTC) に酒泉衛星発射センターから打ち上げられた中華人民共和国の宇宙船、神舟の最初の無人飛行ミッション。宇宙船には生命維持装置や緊急脱出装置を備え付けていなかった。21時間11分で地球の軌道を14周し、翌日18:49 (UTC) に、ナミビア沖に遊弋していた中国海軍の遠望3号から逆噴射ロケットへの点火の命令が出された。大気圏再突入にも成功し、19:41 (UTC) に発射場所より415km東で、烏海市よりも110km北西の内モンゴル自治区へ着陸した。 神舟の最初の飛行となった1号は、その後の飛行とは違って、太陽電池パネルを開く代わりに固定型の太陽電池を取り付けて飛行した。またこの回の飛行では軌道の変更も行わなかった。宇宙船の設計責任者戚发轫によると、宇宙船に乗せた13のシステムのうち8つしか満足に働かなかったということである。神舟1号は長征2号Fの試験を主目的に設計されている。宇宙船のシステムや機能については、モジュールの分離、姿勢制御、リフティングボディによる再突入、耐熱シールド、地上での回収などの試験だけが行われた。



サーチナ・Wikipediaでは、ウィキメディア財団が提供する日本語版ウィキペディアに含まれるフリー百科事典の情報及びその関連情報を引用し、提供するサービスです。また、サーチナ独自のテクノロジーにより、いま日本中に最も注目される人名、事件名、トピックスのキーワードランキングの関連記事を検索できます。
(このページの検索表記の一部はUser Local, Inc社のSimpleAPIを利用しています
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
Searchina
(10.210.10.215) is working for you ( 10.210.10.103 ).