紹興酒 とは (概略版) 紹興酒【詳細記事】
紹興酒(しょうこうしゅ)は中華人民共和国の浙江省紹興市付近で製造される代表的な黄酒(ホアンチュウ、拼音: Huángjiǔ、すなわち醸造酒)。 中国では鑑湖の水で仕込むので鑑湖名酒とも言う。アルコール度数は14~18度。飲用にしたり調味料として用いたりする。紹興酒には製法の違いによって、元紅酒、加飯酒、善醸酒、香雪酒の4種類があり、この順にドライである(つまりブドウ糖が少ない)。日本でよく飲まれるのは加飯酒。 黄酒を長期熟成させたものを老酒(ラオチュウ、拼音: Lǎojiǔ)と呼ぶ(中国本土以外の台湾・日本で作られたものも老酒と言うことがある)。 分類 黄酒は直糖分によって4種類に分類できる(直糖は繊維以外の甘みを感じる糖類。酒ではほとんどがブドウ糖)。それぞれのタイプに属する典型的な紹興酒を示す。 酒母の造り方 原料 紹興酒とその酒母は次の原料から造る。 糯米(もちごめ) 麦麹: 小麦で作った麹。クモノスカビなどを含む。 酒薬: 粳米粉とヤナギ蓼(たで)で作った酵母や乳酸菌の種。



サーチナ・Wikipediaでは、ウィキメディア財団が提供する日本語版ウィキペディアに含まれるフリー百科事典の情報及びその関連情報を引用し、提供するサービスです。また、サーチナ独自のテクノロジーにより、いま日本中に最も注目される人名、事件名、トピックスのキーワードランキングの関連記事を検索できます。
(このページの検索表記の一部はUser Local, Inc社のSimpleAPIを利用しています
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
Searchina
(10.210.10.214) is working for you ( 10.210.10.100 ).